光回線について

インターネットなどでデーターを取り入れたり、送ったりするためには、ブロードバンド回線と呼ばれる,情報をやり取りする回線が必要です。

このブロードバンド回線には、光回線とADSLやISDNがあります。

光回線とは、3ミリほどの非常に細いガラスやプラスチックで出来たケーブルを用い光を使って情報を伝えるという方法になります。

★★★自宅のインターネットを超高速にするならSoftBank 光(光回線)をはじめよう

一方、ADSLなどはケーブルに電気を使って情報を流します。

どちらとも情報のやり取りが出来ますが、光回線はADSLよりスピードが速く安定した速度を保つことが出来るという違いがあります。

どこに住んでいても、NTT局舎から離れていても、その場所の影響を受けることはありません。

またその速さですが、上り下りともに最大100Mbpsまでスピードが出ます。

しかしADSLはスピードがそんなに速くなく、安定感もありません。

周辺の電話回線や、空気のノイズに左右されますし、距離が遠くなればなるほど、速度は低下してしまいます。

最大速度は、上りは12.5、下りは50.5と光回線と比べるとかなり遅いでしょう。

光回線は月額金額が3000円から7000円ですが、ADSLは2000円から5000円程度と値段には違いがあります。

光回線は使いやすいだけあって費用がかかるのでしょう。

また取り付ける時、工事をしなければなりませんが、その時間も光回線のほうがかかります。

以上が光回線とADSLの違いで、どれだけインターネットを使うのかで、どちらがお得か変わってくるでしょう。